Welcome to my blog

人形ときどき犬猫

 ピュアニーモボディの足を削るの巻

本来今日は、LC大宮からお迎えした5人目のSPリカちゃんをお披露目して、
しつこく続けていた(笑)、お人形教室スペシャルリカちゃんシリーズの
華々しいラストを飾る予定だったんですが、

今回は、昨日勃発したショッキングな事件

「ピュアニーモの足、リカちゃんの足より大きいんじゃね?」問題

について急きょ検証していきたいと思います

こちらですね
教室SPちゃんロリータピンク全身

このピンクの靴を履かせてみて気付いた、ショッキングな案件
これ一見、問題なく履いているように見えますが、

安心してください

はいてません!!

無理やり履かせようと大奮闘するも、
かかとがどうしても入りきりませんでした(TT▽TT)
なのでコレ、靴の上にかかとが乗っかってる状態です

では、さっそくリカちゃんの足と比べてみましょう

リカちゃんとニーモの足比べ足長
向かって左がリカちゃん、右がピュアニーモ

足長はそんなには変わらないんですが、
ニーモの方がどっしりと厚みがある、いわゆる甲高な足ということが分かります

リカちゃんとニーモの足比べ裏

画像では非常に分かり辛いんですが、
ニーモの足の方が幅広です

つまり、ピュアニーモは幅広甲高の足

ニッポン人中のニッポン人

だったんですね(笑)

まあ、それに関しては非常に親しみを感じちゃうわけなんですが、
今回は西洋人並みの足をお持ちのリカちゃん(ハーフですものね)に寄ってもらいましょう

というわけで、ニーモの足を削っていきたいと思います

使う道具はこれ
紙やすり

100円均一のお店などでも手に入る、ごく普通の爪やすり

出来あがりがこちらです
ニーモの削った右足上から
向かって右側が削った足

削っていて気付いたんですが、
ニーモの足の指には小さな爪がちゃんと作り込まれていたんですね
ちょっと感動しました

横から見た感じ
ニーモの右足削り横から

ピンクの靴を履かせながら少しずつ削っていったんですが、
どうにもかかとの出っ張りがネックになっている気がして、
かかとも若干削りました

足裏の比較です
ニーモの右足削り足裏
向かって左側が削った足

足幅(足囲)が小さくなっているのがお分かりいただけますでしょうか?

ここまで削ってようやく先ほどのピンクの靴が何とか入ったわけですが、
それでもキツキツで、かかとは半分くらいしか入りませんでした
でも、これ以上削って他の弊害が出てもイヤなので、ここまでで終了

とりあえず、これでリカちゃんの靴が問題なく履けるようになったので
一件落着です

長くなりましたが、最後までご覧いただきありがとうございました

にほんブログ村



スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment